このブラウザは、JavaScriptが無効になっています。
JavaScriptを有効にしてください。

資格・就職・公務員・情報処理につよい名門学園 学校法人 立志舎グループ BEST COLLEGES

入学案内

本学への入学をお考えの皆様へ

  • AO入学制度
  • 試験・資格におけるメリット
  • 経済的理由による修学支援奨学生制度
  • 特別奨学生試験(学費免除)
  • 放送大学学費免除制度
  • 資格や経歴による特待生制度
  • スポーツ特待生制度
  • 学費延納制度
  • 新聞奨学生制度
  • 日本学生支援機構奨学制度
  • 提携教育ローン
  • 国の教育ローン

AO入学制度

  1. AO入学制度の導入について

    本学の推薦入学および一般入学は、書類選考となっておりますが、このAO入学制度は、オープンキャンパス参加者などには、さらに選考上有利になる制度です。AO入学制度は、オープンキャンパス、進路相談会、学校説明会、学校見学会、各地で開催される進学相談会に参加した方を、向学心、意欲、熱意を有する者として積極的に評価し、選考いたしますので、ご利用下さい。

    特に、

    におすすめいたします。

    • AO入学制度を利用する場合は出願時の選考料も免除されます。
    • オープンキャンパスはAO入学制度を利用しない方も自由に参加できます。

    ゼミ学習

  2. 本学のAO入学の特色

    本学のAO入学制度は、過去の成績よりもこれからのやる気や意欲、熱意を確かめて入学を決定する制度です。

    本学ではご承知のようにゼミ学習システムを取り入れて、明るく楽しく勉強して学力をつけていきますので、高校時代の成績が悪くても支障ありません。

    つまり、学ぶ意欲さえあれば入学してからどんどん学力を高めることができるのです。一方、大学の場合は、学力があることが前提に教務内容が考えられており、その点でAO入学制度の弊害が取沙汰されております。

    大学は過去の成績を判断する必要がありますが、本学では過去の成績は重視しておりませんので、向学心、意欲、熱意のある方はAO入学制度をご利用ください。

社会人・大学生・フリーターの方も
ご利用ください。

遠方でAO入学制度をご利用できない方へ

本学では、遠方でAO入学制度をご利用できない方のために、自己推薦制度(スポーツ推薦・資格推薦・課外活動推薦)を設けています。募集要項にはさみ込まれた自己推薦書に活動状況を記入し、入学(志)願書に志望動機をしっかり記入して出願してください。

AO入学等の合格者で、学費納入時期等で
お困りの方はご相談下さい。

  1. AO入学制度利用の流れ

    1. オープンキャンパス等に出席

      本学イベントの

      1. オープンキャンパス
      2. 進路相談会
      3. 学校説明会
      4. 学校見学会
      5. 各地で開催される進学相談会

      に参加して、志望する学校・学科・コースの説明を受けて、よく理解して下さい。

      上記 15 のいずれかに参加した方には、本学で学びたいという意欲、熱意があると評価されます。

      遠方の方で上記本学イベントに参加できない方はご相談下さい。

      コンピュータールーム

    2. AO入学エントリー

      6月1日から開始します。本学所定のAO入学エントリーシートを記入し、郵送または持参して下さい。AO入学 エントリーは無料です。

      宮城県の高校は7月1日からになります。

      AO入学エントリーシートはこちらからダウンロードできます。

      PDFファイルですので、ご覧になる場合はAdobe Readerが必要です。

      現役高校生の方は保護者の署名(自署)が必要です。

    3. AO入学面談

      面談希望日に来校してください。簡単な面談を行います。

      面談時に身分を証明できるもの(生徒手帳、免許証、健康保険証など)を持参して下さい。

    4. AO入学内定通知

      内定者には「AO入学内定通知書」を郵送します。

      名古屋校は7月20日以降随時「AO入学出願許可書」を郵送します。

    5. 出願書類提出

      8月1日から、出願書類と内定通知書(名古屋校はAO入学出願許可書)を同封して出願して下さい。

      出願書類は指定日までに提出して下さい。出願にあたっては募集要項をご覧下さい。

      AO入学制度利用者は選考料が免除になります。

      宮城県の高校は9月15日からになります。

    6. 合格通知等

      合格通知書を郵送します。入学手続書類に従って期限までに入学手続を行って下さい。
      ※名古屋校は10月1日以降の郵送になります。

    7. 入学許可

      入学手続き完了した方には入学許可証を交付します。

  2. 選考基準

    オープンキャンパス等の参加、面談によって判断します

    AO入学の面談では、学力よりも意欲や適性、将来の目標、人間性を重視します。

    1. どうしても本学に入学したい熱意のある人
    2. 入学目的、取得資格などが明確である人
    3. 学習意欲が旺盛でチャレンジ精神がある人
    4. 卒業後の進路を真剣に考えている人
    5. 本学の資格、就職実績やキャンパスライフに共感し共に歩みたい人

    上記いずれかに該当する方。

  3. 対象学科

    全学科全コース

  4. AO入学制度申し込み

    無料

  5. 出願時の選考料

    免除

  6. AO入学制度利用期間

    定員になり次第締切ります

  7. 学園祭

    ヨーロッパ卒業旅行

▲このページのトップへ

学費支援制度

特別奨学生試験

免除額
最大

  • 4年制コース 292万円
  • 3年制コース 242万円
  • 2年制コース 168万円
  • 1年制コース  88万円
    (入学金及び各コースの修業年限内の授業料)

学業・人物ともに優秀と認められる者に対し、下記の区分で学費を免除します。

  1. 免除額

    1. 入学金および授業料
    2. 授業料
    3. 授業料の半額
    4. 入学金
    5. 入学金の半額
  2. 応募期限(平成29年度)

    1. (消印有効)
    2. (消印有効)
    3. (消印有効)
    4. (消印有効)
    5. (消印有効)
    6. (消印有効)
    7. (消印有効)
  3. 試験日(平成29年度)

  4. 試験時間

    各回ともに試験時間は午前10:30からです。

    仙台校は午後1:00からになります。

    特別奨学生試験は出願前でも出願後でも受験できます

    特別奨学生試験についてお問い合せが多数ありますのでお答えします。

    特別奨学生試験は入学願書を提出する前でも、入学願書を提出した後でも、どちらでも受験することができます。

  5. 選考方法および出題範囲区分

    ●筆記試験(必須科目、選択科目各45分、択一式)および書類選考

    必修科目 国語 国語総合(古文・漢文を除く)
    選択科目
    (1科目)
    数学 数学 I ・ A
    英語 コミュニケーション英語 I
    地歴・公民 地理B、世界史B、日本史B、現代社会、政治・経済のうち1科目
    簿記 日商簿記検定2級程度(工業簿記を除く)
    情報処理 経済産業省 ITパスポート試験程度
  6. 出願書類

    1. 特別奨学生試験願書(本学所定の用紙)

      所定欄に出願前3ヵ月以内に撮影した写真(タテ4cm×ヨコ3cm、正面上半身脱帽、裏面に氏名・生年月日を記入)1枚を完全に貼付してください。

    2. 調査書(出願前3ヵ月以内に作成されたもの。開封無効)

      すでに出願済みの場合には不要

      1. 高等学校卒業者および卒業見込者は学校で交付される「進学用調査書」。
      2. 大学・短期大学・専門学校の卒業者および卒業見込者は各学校で交付される「成績証明書」。
      3. 外国における12年の課程を修了した者は「修了証明書」と「成績証明書」。ただし、日本と外国の双方の高等学校に在籍した者は、日本の高等学校在学中の「調査書」もあわせて提出してください。
      4. 高等学校卒業程度認定試験(旧大学入学資格検定)合格者は、「合格証明書」および「合格成績証明書」。
      5. 高等学校卒業程度認定試験合格見込者は「合格見込成績証明書」。
  7. 受験料

    無料

  8. 結果発表

    試験日から7日以内に結果を通知します。なお、電話等による合否の照会には一切応じられません。

  9. 適用期間

    授業料の免除は各学科の修業年限内とします。ただし、入学後、成績・出席・素行が不良の場合は取り消すことがあります。

  10. その他

    入学手続完了後に、特別奨学生試験に合格し学費免除の対象になりましたら、すでに納入済の学費のうち、該当免除額を返還します。

    • 特別奨学生試験(志)願書ダウンロード

      特別奨学生試験(志)願書をあらためて必要な方は、以下のボタンより、PDFファイルにてダウンロードできます。

      特別奨学生試験(志)願書PDFダウンロード
    • レベル問題集送付

      ご希望の方にレベル問題集(出題程度例)を送付いたします。事務局まで請求してください。インターネットからは「資料請求」ページからご希望の学校を選択し、申込フォームに必要事項を入力して送信してください。

▲学費支援制度トップへ

司法試験コース
(法科大学院・予備試験対応)
放送大学学費免除制度

司法試験コース(法科大学院・予備試験対応)希望者で、初年度の放送大学の学費が全額免除になる特待生制度です。

  1. 免除額

    1年次の放送大学学費分(134,000円)

    2年次以降につきましては、入学者全員の中から1年次の成績・人物等を考慮して新たに特待生を選考します。

  2. 応募期限

    1. (消印有効)
    2. (消印有効)
    3. (消印有効)
    4. (消印有効)
    5. (消印有効)
    6. (消印有効)
    7. (消印有効)
  3. 試験日

    放送大学学費免除制度試験は入学願書を提出する前でも、入学願書を提出した後でも、どちらでも受験することができます。

  4. 試験時間

    各回ともに試験時間は午後1:00~午後1:45です。

  5. 選考方法

    筆記試験(作文、45分)および書類選考

  6. 出願書類

    1. 放送大学学費免除志願書(本学所定の用紙)
      所定欄に出願前3ヶ月以内に撮影した写真1枚(タテ4cm×ヨコ3cm、正面上半身脱帽、裏面に氏名・生年月日を記入)を完全に貼付して下さい。
    2. 調査書(出願前3ヶ月以内に作成されたもの。開封無効)すでに出願済みの場合には不要
      1. 高等学校卒業者および卒業見込者は学校で交付される「進学用調査書」。
      2. 大学・短期大学・専門学校の卒業者および卒業見込者は各学校で交付される「成績証明書」。
      3. 外国における12年の課程を修了した者は「修了証明書」と「成績証明書」。
        ただし、日本と外国の双方の高等学校に在籍した者は、日本の高等学校在学中の「調査書」もあわせて提出して下さい。
      4. 高等学校卒業程度認定試験(旧大学入学資格検定)合格者は、「合格証明書」および「合格成績証明書」。
      5. 高等学校卒業程度認定試験合格見込者は「合格見込成績証明書」。
  7. 受験料

    無料

  8. 結果発表

    試験日から7日以内に結果を通知します。なお、電話等による合否の照会には一切応じられません。

  9. その他

    試験日にはHBの鉛筆をご用意下さい。

▲学費支援制度トップへ

資格や経歴による特待生制度

下記の取得資格や経歴を持った者は、申請することにより特待生として入学を許可します。不明な点がありましたらお問い合せください。

  1. 応募期限

    平成29年3月31日(木)まで

  2. 選考

    原則として書類選考

  3. 資格や経歴

    次の資格を取得している者および経歴を持っている者。

    1. 司法試験の1次試験・予備試験合格。
    2. 日本商工会議所簿記検定1級または全国経理教育協会簿記能力検定上級。
    3. 経済産業省応用情報技術者試験(旧ソフトウェア開発技術者試験を含む)。
    4. TOEIC730点以上。
    5. 全国高等学校総合文化祭・全国高等学校文芸コンクールにおいて大臣賞・長官賞・最優秀賞・優秀賞を受賞。
    6. 国土交通省国内旅行業務取扱管理者。
    7. 経済産業省基本情報技術者試験または経済産業省情報セキュリティマネジメント試験。
    8. 宅地建物取引士資格試験または宅地建物取引主任者資格試験。
    9. 全国高等学校総合文化祭・全国高等学校文芸コンクールにおいて入賞・優良賞・入選。
    10. 経済産業省ITパスポート試験または経済産業省初級システムアドミニストレータ試験。
    11. 日本商工会議所簿記検定2級。
    12. 公務員一次試験合格(合格を証明できるものがない場合は、お問い合せください)。
    13. 高校在学中クラブ活動において、全国規模の大会における都道府県予選に出場し団体または個人で入賞。
    14. 高校在学中都道府県コンクール(音楽・美術・書道等)において入賞。
    15. 実用英語検定準2級以上。
    16. 日本漢字能力検定2級以上。
    17. 日本数学検定協会実用数学技能検定2級。
    18. 珠算(暗算を含む)検定2級以上。
    19. TOEIC470点以上。
    20. 全国経理教育協会簿記能力検定1級。
    21. 全国商業高等学校協会簿記実務検定1級。
    22. 全国商業高等学校協会情報処理検定1級(旧コンピュータ利用技術検定1級含む)。
    23. 全国工業高等学校長協会情報技術検定1級。
    24. 武道(柔道・剣道等)において段位を取得。
    25. 親・実兄弟姉妹が本学園の設置する学校の卒業生または在学生。
    26. 乙種危険物取扱者(1種類以上)。
    27. 2級土木施工管理技術検定または第2種電気工事士試験。
    28. 電卓検定において段位を取得。
    29. 日本数学検定協会実用数学技能検定準2級。
    30. 実務技能検定協会秘書技能検定2級。
    31. 日本漢字能力検定準2級。
    32. 全国商業高等学校協会簿記実務検定1級(科目合格)。
    33. 全国経理教育協会簿記能力検定1級(科目合格)。
    34. 全国商業高等学校協会ビジネス文書実務検定試験1級(旧ワープロ実務検定1級)。
    35. 愛玩動物飼養管理士準2級以上。
    36. 高校在学中皆勤(現役生は出願時において)。
    37. 介護職員初任者研修(ホームヘルパー2級)以上。
    38. 日本商工会議所簿記検定3級。
    39. 全国経理教育協会簿記能力検定2級。
    40. 全国商業高等学校協会簿記実務検定2級。
    41. 日本情報処理検定協会日本語ワープロ検定試験2級。
    42. 全国商業高等学校協会ビジネス文書実務検定試験2級(旧ワープロ実務検定2級)。
    43. 全国工業高等学校長協会パソコン利用技術検定2級。
    44. 全国商業高等学校協会情報処理検定2級。
    45. 全国工業高等学校長協会情報技術検定2級。
    46. 日本商工会議所パソコン検定3級。
    47. パソコン検定協会パソコン検定3級。
    48. MOS(旧MCASを含む)。
    49. 実務技能検定協会秘書技能検定3級。
    50. 実用英語検定3級。
    51. 日本漢字能力検定3級。

    上記に準ずると思われる試験・資格についてはお問い合せください。

  4. 免除額

    高校を平成29年3月卒業見込みの者

    資格や経歴 対象学科 免除額
    (1)・(2)・(3)・(4)・(5) 全学科 入学金および授業料
    (6)・(7)・(8)・(9) 全学科 入学金の全額および授業料の半額
    (10)・(11) 全学科 授業料の半額
    (12)・(13)・(14)・(15)・(16)
    (17)・(18)・(19)・(20)・(21)
    (22)・(23)・(24)・(25)
    全学科 入学金
    (26)・(27)・(28)・(29)・(30)
    (31)・(32)・(33)・(34)・(35)
    (36)・(37)・(38)
    全学科 入学金の半額
    (39)・(40)・(41)・(42)・(43)
    (44)・(45)・(46)・(47)・(48)
    (49)・(50)・(51)
    全学科 入学金の1/4

    高校既卒者・高等学校卒業程度認定試験合格者および合格見込みの者・大学入学資格検定合格者

    資格や経歴 対象学科 免除額
    (1)・(2)・(3)・(4)・(5) 全学科 入学金の全額および授業料の半額
    (6)・(7)・(8) 全学科 授業料の半額
    (9)・(10)・(11)・(12)・(13)
    (14)・(15)・(16)・(17)・(18)
    (19)・(20)・(21)・(22)・(23)
    (24)・(25)
    全学科 入学金
    (26)・(27)・(28)・(29)・(30)
    (31)・(32)・(33)・(34)・(35)
    (36)・(37)
    全学科 入学金の半額
    (38)・(39)・(40)・(41)・(42)
    (43)・(44)・(45)・(46)・(47)
    (48)・(49)・(50)・(51)
    全学科 入学金の1/4
  5. 手続について

    1. 出願時に入学願書のほか特待生申請書を同封してください。
    2. 合格証書のコピーまたは賞状のコピーなど証明できるものを提出してください。
  6. 結果発表

    出願書類到着後原則として5日以内に合否の結果を通知します。

  7. 適用期間

    授業料の免除は各学科の修業年限内とします。ただし、入学後、成績・出席・素行が不良の場合は取り消すことがあります。

  8. その他

    入学手続後、上記の資格や経歴に該当した場合には、特待生申請書と合格や経歴などを証明できるものを平成29年3月31日(金)(必着)までに提出してください。その場合の免除額については後期学費分より差引きます。

    • 特待生申請書ダウンロード

      特待生申請書をあらためて必要な方は、以下のボタンより、PDFファイルにてダウンロードできます。

      特待生申請書 ダウンロード
▲学費支援制度トップへ

スポーツ特待生制度

本学ではクラブ活動に力を入れています。

下記の成績を満たす者は、申請することにより特待生として入学を許可します。

  1. 応募期限

    平成29年3月31日(金)まで

  2. 選考

    原則として書類選考

  3. 対象学科

    全学科

  4. 対象者

    原則として現役高校生(高校既卒者、中学時代の実績についてはお問い合せください)

  5. 成績及び免除額

    成績 免除額
    全国大会で入賞 入学金および授業料
    全国大会に出場 入学金および授業料の半額
    クラブ活動において全国規模の大会
    における都道府県予選に出場し、団体
    または個人で入賞
    入学金
    運動部の顧問または監督の推薦 入学金の半額

    対象となる競技は高校総体を基準にしています。

    それ以外の競技についてはお問い合せください。

  6. 手続について

    1. 出願時に入学願書のほか特待生申請書を提出してください。
    2. 成績を証明する書類等を提出してください。
  7. 結果発表

    出願書類到着後原則として5日以内に合否の結果を通知します。

  8. 適用期間

    授業料の免除は各学科の修業年限内とします。ただし、入学後、成績・出席・素行が不良の場合は取り消すことがあります。

    本学のクラブに所属し活動するのが望ましいですが、クラブに入部しなくても適用されます。

  9. その他

    • 特待生申請書ダウンロード

      特待生申請書をあらためて必要な方は、以下のボタンより、PDFファイルにてダウンロードできます。

      特待生申請書 ダウンロード
  10. よくある質問

    「特別奨学生試験」、「資格や経歴による特待生制度」および「スポーツ特待生制度」の重複適用はできますか?
    重複して免除内容を適用することはできません。いずれか免除額の大きい方が適用されます。(例:資格や経歴による特待生制度で入学金免除の適用を受けた人が特別奨学生試験を受け、授業料免除の適用を受けた場合は、「授業料免除」のみ適用されます) なお、入学を辞退した場合はその時点で特別奨学生(または特待生)としての学費免除の権利はなくなります。(例:入学金免除の適用を受けた人が入学を辞退した場合も、入学金相当額はお返しできませんのでご注意ください)
    「特別奨学生試験」は何度でも受験できるのですか?
    何度でも受験できます。残念ながら免除の適用が受けられなかった場合の再チャレンジが可能です。ただし、前回の試験で適用になった免除額がある場合は、その権利は取り消しになり、新たな受験となりますのでご注意ください。(特別奨学生試験願書があらためて必要な方は、事務局入学係までご請求いただくか、こちらからダウンロードしてください。)
▲学費支援制度トップへ

経済的理由による修学支援奨学生制度

本学では勉学の意欲と能力があるが、経済的理由により修学困難と認められる者に対して授業料の免除を行います。この制度は文部科学省が実施する『私立専修学校修学支援実証研究事業』の主旨をふまえた本学独自の制度です。

  1. 免除額、募集人数

    年間授業料20万円~授業料全額まで 各校10名
    選考により授業料免除額を決定します。

  2. 対象者

    1. 本学専門課程に入学を希望する者(出願前、出願後どちらでも受験できます)。
    2. 世帯の経済状況が以下のいずれかの要件に該当すること。
      1. 生活保護世帯
      2. 市区町村民税所得割非課税世帯
      3. 所得税非課税世帯
      4. 保護者等の倒産、失職、被災などによる家計の急変した世帯

    ただし、以下の場合は要件を満たしていても対象となりません。

    1. 東日本大震災による学費減免制度を受けている者。
    2. 外国人留学生。
    3. 本学の特別奨学生制度、特待生制度、学費延納制度を適用された者はこの制度との併用はできません。免除額(延納制度においては在学中の支払い猶予額)の高い方が適用されます。
  3. 応募期限及び選考日

    • 応募期限:平成29年3月15日(水)まで
    • 選考日:応募者に選考日時を連絡します。
  4. 選考方法

    筆記試験、面接および書類選考

  5. 応募書類

    1. 修学支援奨学生制度願書
    2. 調査書(すでに提出済みの場合は不要)
    3. 経済状況を証明する資料
  6. 結果発表

    選考日から7日以内に合否の結果を通知します。

  7. 適用期間

    授業料の免除は各学科の修業年限内とします。ただし、入学後、成績・出席・素行が不良の場合は取り消すことがあります。

  8. 申込方法

    経済的理由による修学支援奨学生制度を希望される方はは事務局入学係にご連絡いただくか、下記ボタンよりお申込みしてください。本学所定の修学支援奨学生制度願書をお送りします。必要事項を記入し、出願時に提出してください。

この制度の適用を受けて入学したのちに、国の支援制度に応募し審査を通った場合には、別途国の支援による授業料の減免が受けられる場合があります。

要項・応募書類を希望する方はこちらから

適用実績(平成28年度)

平成28年度 経済的理由による修学支援奨学生制度 適用実績

学校法人 立志舎設置の専門学校において、本年度入学者を対象とした修学支援奨学生制度が適用となった学生は以下の学校の7名です。

  1. 東京IT会計専門学校仙台校    授業料40万円免除
  2. 東京法律専門学校仙台校     授業料30万円免除
  3. 東京法律専門学校仙台校     授業料50万円免除
  4. 東京法律専門学校        授業料40万円免除
  5. 東京IT会計法律専門学校千葉校  授業料30万円免除
  6. 京都IT会計法律専門学校     授業料50万円免除
  7. 京都IT会計法律専門学校     授業料30万円免除
▲学費支援制度トップへ

学費延納制度

最近の厳しい社会情勢の中、進学を希望しながら経済的な理由であきらめなければならない方のための、本学独自の奨学生制度です。

<学費延納制度の概要>

  1. 応募の条件

    平成29年4月に本学へ入学を希望する方(全ての学科対象)。

  2. 延納額

    入学金を除く学費の半額を限度とします(無利息)。

    2年制の学科の場合、学費は通常4回に分けて納入しますが、それぞれの納入金額の内、半額を限度として延納を認めます。

  3. 納入方法

    次の2つの方法があります(納入日は期間内に自由に設定できます)。

    <2年制学科の場合>

    1. 修業年限内納入型

      延納金を卒業までに納入する方法です。

      • 入学時延納金(1年次前期分)および1年次後期延納金は、1年次の2月までに納入。
      • 2年次前期延納金および2年次後期延納金は、2年次の2月までに納入。
    2. 卒業後2年以内納入型

      延納金を卒業後2年の間に納入する方法です。

      1年制学科、4年制学科の場合も同様です。

  4. 保証人

    保証人は保護者の方とは別居・別生計の方を2名必要とします。

  5. 選考方法

    先着順に随時書類審査します(修業年限内納入型・卒業後2年以内納入型それぞれ各校10名程度)。

    結果は1週間以内に通知します。

  6. 申込方法

    学費延納制度を希望される方は事務局入学係にご連絡ください。
    本学所定の学費延納申請用紙をお送りします。必要事項を記入し、出願時に提出してください。

    <入学金20万円・半期納入額50万円(2年制コース)の例>
    年月 通常の場合 修業年限内納入型を利用した場合 卒業後2年以内納入型を利用した場合


    入学時 700,000円を納入 450,000円を納入
    (残金25万円の納入期間は1年次2月まで)
    450,000円を納入
    (残金25万円の納入期間は卒業後2年以内)
    4月
    5月
    6月
    7月 500,000円を納入 250,000円を納入
    (残金25万円の納入期間は1年次2月まで)
    250,000円を納入
    (残金25万円の納入期間は卒業後2年以内)
    8月
    9月
    10月
    11月
    12月
    1月
    2月
    3月 500,000円を納入 250,000円を納入
    (残金25万円の納入期間は2年次2月まで)
    250,000円を納入
    (残金25万円の納入期間は卒業後2年以内)


    4月
    5月
    6月
    7月 500,000円を納入 250,000円を納入
    (残金25万円の納入期間は2年次2月まで)
    250,000円を納入
    (残金25万円の納入期間は卒業後2年以内)
    8月
    9月
    10月
    11月
    12月
    1月
    2月
    3月 卒業 卒業 卒業






    なし なし (延納額を2年以内に納入)
    〔1,000,000円〕
▲学費支援制度トップへ

新聞奨学生制度

新聞奨学生制度とは、独立心旺盛で保護者に負担をかけたくない方、また、経済的に就学が困難な方のために各新聞奨学会が援助・協力する制度です。

仕事内容や待遇は各奨学会により異なりますので、希望される方は直接各奨学会にお問い合せください。

  1. お問い合せ先

    仙台
    河北仙販 総務部 労務課 022-227-7566 http://www.senpan.co.jp/jinzai/s3.html
    関東
    朝日奨学会 0120-127-733 http://www.asahishogakukai.or.jp/
    産経新聞奨学会 0120-033-933 http://www.sankei.co.jp/pr/ikuei/
    東京新聞奨学会 0120-18-3751 http://www.tokyo-np.co.jp/hanbai/shougaku/
    日本経済新聞育英奨学会 0120-00-5725 http://www.nsn-tokyo.jp/ikuei/
    毎日育英会 03-3209-1711
    0120-098-098
    http://www.mainichi-ikueikai.com/
    読売育英奨学会 0120-430-116~7 http://www.yc1.jp/yomisho/index/
    中部
    毎日育英会 0120-214-010 http://www.mainichi-ikueikai.com/
    関西
    日本経済新聞大阪育英奨学会 06-6242-0255 http://www.nsn-osaka-chuoh.co.jp/
    毎日育英会 0120-211-203 http://www.mainichi-ikueikai.com/
    産経新聞奨学会 0120-35-1051 http://www.esankei.com/scholarship/
    読売育英奨学会 0120-430-881 http://www.yomiuri-jinzai.com/shougakukai/

    各奨学会とも募集は男女共行なっております。

▲学費支援制度トップへ

日本学生支援機構の奨学生制度について

本学では入学後(4月)に「日本学生支援機構」の奨学金を申込むことができます。

  1. 申込資格(在学採用)

    1. 第一種奨学金(無利子で貸与されます)
      1. 専修学校専門課程の全学科に入学した者。
      2. 出身高校の最終2ヶ年の成績の平均値が3.2以上の者。
      3. 高等学校卒業程度認定試験もしくは大学入学資格検定合格者で、上記②に準ずると在学学校長から認められる者。
    2. 第二種奨学金(有利子で貸与されます)
      1. 専修学校専門課程の全学科に入学した者
      2. 1年次は出身学校、2年次は専修学校(専門課程)における学業成績が平均水準以上と認められる者。
      3. 専修学校(専門課程)における学修に意欲があり、学業を確実に修了できる見込みがあると認められる者。
      4. 高等学校卒業程度認定試験もしくは大学入学資格検定合格者で、上記に準ずると認められる者。

      第一種奨学金よりゆるやかな基準によって選考されます。

  2. 奨学金の申込

    募集は原則として毎年春に行います。申込手続に必要な書類の交付を入学時に受けてください。

  3. 奨学金の貸与月額(平成28年度例)

    奨学金の月額は次の通りとなります。

    第一種奨学金(無利息) 第二種奨学金(利息付)
    自 宅 30,000円、53,000円から選択
    自宅外 30,000円、60,000円から選択
    30,000円、50,000円、80,000円、100,000円
    120,000円の中から各自で選択する。

    第一種奨学金又は第二種奨学金の申込者で下記の条件のいずれかを満たす人は、入学時特別増額貸与奨学金10万円、20万円、30万円、40万円、50万円から選択し受けることができます。

    1. 奨学金申請時の家計基準における認定所得金額が0(ゼロ)評価となる人。
    2. ①以外の人で「日本政策金融公庫の国の教育ローンが利用できなかったことについて(申告)」に次の書類を添付して提出した人。
      1. 日本政策金融公庫(以下「公庫」という。)の「国の教育ローン借入申込書(お客さま控え)」のコピー
      2. 融資できない旨を記載した公庫発行の通知文のコピー
  4. 奨学金の貸与期間

    奨学金の貸与期間は、日本学生支援機構が認めた貸与始期から在学する学校の修業年限の終期までとし、毎月、学生本人名義の銀行、信用金庫又は労働金庫の口座に振り込まれます。なお、第二種奨学金(在学採用)は希望により採用された年度の4月にさかのぼって貸与を受けることができます。

  5. 緊急採用

    主たる家計支持者の失職・破産・事故・病気・死亡等若しくは震災、火災、風水害、その他災害等により家計が急変し、緊急に奨学金の必要が生じた場合は、学校を通じて随時申し込みを受け付けています。

    在学している学校の奨学金担当者にお尋ねください。

  6. 奨学生の生活

    在学中は奨学生として勉学に励みながら充実した学生生活を送り、卒業後は貸与を受けた奨学金の返還を履行するようにしてください。

  7. その他の奨学金

    日本学生支援機構以外にも一定の要件を満たす者に奨学金を支給する制度があります。

    1. 財団法人交通遺児育英会

      保護者が交通事故で死亡したり、交通事故による重い後遺障害のために働くことができず、経済的に修学することが困難な家庭の学生を対象に無利息で毎月一定額を貸与する奨学制度です。

    2. 奨学金制度を設けている市区町村がありますので、直接お問い合せください。

▲学費支援制度トップへ

提携教育ローン

セディナ学費ローン

本学の入学者や在学者は、「セディナ学費ローン」を利用することができます。この制度は、入学者や在学者が学校に納める「学納金」のクレジットによる分割払制度です。下記およびセディナのホームページをよくご覧になっていただき、直接お申込みください。

セディナ学費ローン特徴

※注①:審査結果によって契約書など書類のご提出をお願いする場合がございます。

※注②:『据置型分割払い』 とは・・・据置期間中は元本のお支払を据置き、分割払手数料のみをお支払いいただきます。
据置期間終了後に元本分の支払いが開始となりますので、
「在学中は毎月の支払金額を極力抑えたい」といったご要望にもお応えいたします。

  1. 対象費用

    入学金・授業料・教材費など、学校へ納付する学納金

    ※納入期ごと(半期または通期)のご利用となります。(複数年度分学費をまとめてのご利用はできません。)
    ※学費納付書、学費振込依頼書、募集要項などに 記載された金額が対象です。

  2. ご利用金額

    5万円以上  500万円以下

  3. お申込対象

    ご入学または在学されている学生の保護者

    ※安定所得のある方でのお申込みをお願いいたしております。

    ※18歳以上(高校生除く)の学生様がお申込みいただく場合は保護者様の連帯保証が必要となります。

  4. 分割払手数料率

    実質年率3.50%

    ※固定金利。ご契約時の手数料率が完済まで適用されます。

  5. 支払回数

    6回(6ヶ月)~180回(15年)

    ※支払回数の設定は6回きざみとなります。

  6. 支払方式

    ■元利均等分割払 (支払開始時より元本と分割払手数料のお支払いとなります。)

    ■据置型分割払 (据置期間中は元本のお支払を据置き、分割払手数料のみのお支払いとなります。
    期間終了後、元本と分割払手数料のお支払いとなります。)

  7. 支払方法

    口座からの自動振替

  8. 支払日

    毎月26日

    ※当日が金融機関休業日の場合は翌営業日となります。

  9. 申込の流れ

    インターネットまたは電話でのお申込となります。(スピーディなインターネット申込をお奨めしています。)

    ※126回~180回払いのお申込みにつきましては電話受付のみとなります。

    申し込みの流れ

  10. お申込

    仙台 東京IT会計専門学校仙台校 お申込シミュレーション
    東京法律専門学校仙台校 お申込シミュレーション
    大宮 東京IT会計法律専門学校大宮校 お申込シミュレーション
    千葉 東京IT会計法律専門学校千葉校 お申込シミュレーション
    錦糸町 専門学校日本スクールオブビジネス21 お申込シミュレーション
    専門学校日本動物21 お申込シミュレーション
    東京IT会計専門学校 お申込シミュレーション
    東京法律専門学校 お申込シミュレーション
    杉並 専門学校日本スクールオブビジネス お申込シミュレーション
    日本動物専門学校 お申込シミュレーション
    東京IT会計専門学校杉並校 お申込シミュレーション
    東京法律専門学校杉並校 お申込シミュレーション
    横浜 東京IT会計法律専門学校横浜校 お申込シミュレーション
    名古屋 東京IT会計専門学校名古屋校 お申込シミュレーション
    東京法律専門学校名古屋校 お申込シミュレーション
    名古屋動物専門学校 お申込シミュレーション
    京都 京都IT会計法律専門学校 お申込シミュレーション
    梅田 大阪IT会計専門学校 お申込シミュレーション
    大阪法律専門学校 お申込シミュレーション
    大阪動物専門学校 お申込シミュレーション
    天王寺 大阪IT会計専門学校天王寺校 お申込シミュレーション
    大阪法律専門学校天王寺校 お申込シミュレーション
    大阪動物専門学校天王寺校 お申込シミュレーション
  11. お申込・問合せ先

    審査に関するご注意

▲学費支援制度トップへ

進学ローン

国の教育ローン(日本政策金融公庫)

本学の入学者や在学者は、「国の教育ローン」を利用することができます。この制度は、教育のために必要な資金を融資する公的な制度で、入学金や授業料、住居費用などに幅広く利用できます。なお、借入れには2~3週間ぐらいかかりますので、利用される方は早めに申し込んでください。

  1. 融資額

    学生1人につき350万円以内

  2. 返済期間

    15年以内(交通遺児家庭、母子家庭、父子家庭または世帯年収(所得)200万円(122万円)以内の方は18年以内)

■お問い合せ先

教育ローンコールセンター

営業時間:月~金 9:00~21:00、土曜日 9:00~17:00

日曜日、祝日、年末年始(12月31日~1月3日)はご利用できません。

電話:0570-008656(ナビダイヤル)

ご利用いただけない場合(公衆電話、衛星電話、IP電話の一部、CATV電話など)は03(5321)8656までおかけください。

ホームページアドレス http://www.jfc.go.jp/n/finance/search/ippan.html

▲学費支援制度トップへ

東日本大震災による学費減免制度

◆東日本大震災による学費減免制度について

本学では、平成29年4月入学希望者で、東日本大震災により被災された方を対象に、特別措置による学費減免制度を設けました。つきましては、該当する方で、学費減免を希望される方は、下記の要領で申請してください。

  1. <平成29年度入学希望者>
  2. 対象者

    平成29年4月入学希望者で、被災された方(学校法人立志舎グループの全校全学科コース対象)。

  3. 学費減免額

    被災状況 出願時の
    選考料
    入学金 授業料 演習費
    維持費
    a.保護者(家計維持者)死亡 免除 免除 免除 免除
    b.家屋全壊 免除 免除 免除 免除
    c.家屋半壊・原子力発電所事故に
    よる避難
    免除 免除 半額免除 半額免除
    d.家屋一部損壊 免除 被災程度により判断
    e.保護者(家計維持者)が被災により
    重症、または収入喪失、収入激減等
    免除 被災程度により判断
    1. 学費減免期間は、各学科コースの修業年限内とします。
    2. 各学科コースの学費につきましては、各校募集要項の学費一覧でご確認ください。
    3. 被災の程度によっては、学費減免制度が適用にならない場合があります。
    4. 入学後、家計急変に関する書類の提出や聞き取り調査を行う場合がありますのでご了承ください。
      (例)課税証明書または、それに類する書類。
  4. 必要書類

    1. 学費減免申請書(本学指定のもの)。ご希望の方は、事務局入学係までご請求ください。

      学費減免申請書が必要な方は、以下のボタンより、PDFファイルにてダウンロードできます。

      東日本大震災による学費減免申請書 ダウンロード
      ※PDFファイルですので、ご覧になる場合はAdobe Readerが必要です。
    2. 被災した地域に在住していたことを証明する書類(運転免許証、健康保険証等の写し)。
    3. 上記aは家計維持者の死亡証明書。またはこのことを明らかにした公的機関の証明書。
    4. 上記b.c.dは罹災(被災)証明書。またはこのことが明らかになる自治体が発行する書類。
    5. 上記eは診断書、または収入状況を証明する書類。
    6. 必要に応じて、上記以外の書類の提出をお願いする場合があります。

お問い合せ先

ご不明な点は、学校法人立志舎グループ各校の事務局入学係までお問い合せください。

▲学費支援制度トップへ

熊本地震による学費減免制度

◆熊本地震による学費減免制度について

本学では、平成29年4月入学希望者で、熊本地震により被災された方を対象に、特別措置による学費減免制度を設けました。つきましては、該当する方で、学費減免を希望される方は、下記の要領で申請してください。

  1. <平成29年度入学希望者>
  2. 対象者

    平成29年4月入学希望者で、被災された方(学校法人立志舎グループの全校全学科コース対象)。

  3. 学費減免額

    被災状況 出願時の
    選考料
    入学金 授業料 演習費
    維持費
    a.保護者(家計維持者)死亡 免除 免除 免除 免除
    b.家屋全壊 免除 免除 免除 免除
    c.家屋半壊 免除 免除 半額免除 半額免除
    d.家屋一部損壊 免除 被災程度により判断
    e.保護者(家計維持者)が被災により
    重症、または収入喪失、収入激減等
    免除 被災程度により判断
    1. 学費減免期間は、各学科コースの修業年限内とします。
    2. 各学科コースの学費につきましては、各校募集要項の学費一覧でご確認ください。
    3. 被災の程度によっては、学費減免制度が適用にならない場合があります。
    4. 入学後、家計急変に関する書類の提出や聞き取り調査を行う場合がありますのでご了承ください。
      (例)課税証明書または、それに類する書類。
  4. 必要書類

    1. 学費減免申請書(本学指定のもの)。ご希望の方は、事務局入学係までご請求ください。

      学費減免申請書が必要な方は、以下のボタンより、PDFファイルにてダウンロードできます。

      熊本地震による学費減免申請書 ダウンロード
      ※PDFファイルですので、ご覧になる場合はAdobe Readerが必要です。
    2. 被災した地域に在住していたことを証明する書類(運転免許証、健康保険証等の写し)。
    3. 上記aは家計維持者の死亡証明書。またはこのことを明らかにした公的機関の証明書。
    4. 上記b.c.dは罹災(被災)証明書。またはこのことが明らかになる自治体が発行する書類。
    5. 上記eは診断書、または収入状況を証明する書類。
    6. 必要に応じて、上記以外の書類の提出をお願いする場合があります。

お問い合せ先

ご不明な点は、学校法人立志舎グループ各校の事務局入学係までお問い合せください。

▲学費支援制度トップへ
▲このページのトップへ

試験・資格におけるメリット

「高度専門士」には、大学院の入学資格が付与!

高度専門士とは

専門学校の4年制専門課程修了者に対して、これまでの専門士とは異なり、「高度専門士」の称号が与えられ、大学院の入学資格が付与されることになりました。

この高度専門士の制度は、文部科学省により認定されるもので、より高い技術・技能・知識を身につけることを目的とした専門学校の4年制専門課程を対象にしており、4年制大学と同じように修業年限が4年以上のほか、一定の要件を満たした場合に付与されます。これにより、高度専門士は4年制大学を卒業した者と同等の学力があると認められることになり、大学院への進学も可能となります。

本学では東京法律専門学校の法律学科4年制の「司法試験コース」、東京IT会計専門学校「高度会計学科(4年制)会計士4年コース」「高度会計学科(4年制)税理士4年コース」が対象となり、4年次修了とともに「高度専門士」の称号と、大学院の入学資格が与えられます。

高度専門士=大学院入学資格が取得できるコース

高度専門士の要件
  1. 修業年限が4年以上であること。
  2. 課程の修了に必要な総授業時間数が3400時間以上であること。
  3. 体系的に教育課程が編成されていること。
  4. 試験等により成績評価を行い、その評価に基づいて課程修了の認定を行っていること。

専門士の称号と大学編入資格

平成10年の学校教育法の改正に伴い、専門学校で2年制以上の専門課程修了者に、一定の要件のもとに専門士の称号が付与され、大学編入学が可能となっています。

専門士の要件
  1. 修業年限が2年以上であること。
  2. 課程の修了に必要な総授業時間数が1700時間以上であること。
  3. 試験等により成績評価を行い、その評価に基づいて課程修了の認定を行っていること。
大学編入資格について

以下の2つの条件を満たす者は、大学に編入学することが可能となっています。なお、対象者は昭和51年以降の専門学校卒業生に対して適用されています。

  1. 修業年限が2年以上で、総授業時間数が1700時間(62単位)以上の専門学校の修了者。
  2. 高等学校卒業や高等学校卒業程度認定試験合格者など、大学入学資格を有する者。

ただし、編入学できる年次や認定される単位数など、編入学に関することは各大学で定めています。事前に、希望する大学の入試課へ問い合わせ、編入学に必要な手続きや書類等について調べておくことが必要です。

税理士試験の受験資格付与

税理士試験の受験資格

税理士試験を受験するためには次の2つの道があります。

  1. 本学2年制卒業
  2. 簿記検定合格 (日商簿記検定1級合格又は全経簿記能力検定上級合格)

基本情報技術者試験 午前試験免除

本学で実施される情報処理技術者試験受験講座を履修し、修了試験に合格すると、「基本情報技術者試験」の午前試験が免除されます。特別な講座ではなく、本学の単位履修の中で上記講座が履修できますので、より短期間での国家試験合格が確実になります。

午前試験免除になるための条件
  1. 本学、情報系コースに在籍していること。
  2. 情報処理技術者試験の講座を履修すること。
  3. 修了試験に合格すること。

以上の条件を満たすと、基本情報技術者試験の午前試験が1年間(本試験)2回分免除されます。

▲このページのトップへ

募集要項

目的やエリアから行きたい学校を探そう!

立志舎グループの学校は全国10エリアに23校展開!公務員から動物まで目的や近くのエリアで行ってみたい学校を選んでみよう!

立志舎グループ内の学校選びについて

仙台キャンパス

校舎はアクセスしやすいJR仙台駅前の好立地!周辺には食事やショッピング、遊びが楽しめるお店がいっぱい。

※『ウェルカムナビ®』は株式会社ヴァル研究所の登録商標です。

東京・錦糸町キャンパス

東京駅から8分。錦糸町駅より徒歩2分、スカイツリーがそびえる錦糸町はますます便利に!

※『ウェルカムナビ®』は株式会社ヴァル研究所の登録商標です。

東京・杉並キャンパス

新宿まで7分、とっても便利なキャンパスです。古着屋、雑貨店、アンティークのお店と、楽しさいっぱい!

※『ウェルカムナビ®』は株式会社ヴァル研究所の登録商標です。

大宮キャンパス

楽しさいっぱい!新しさと懐かしさが両方とも味わえる街・大宮!勉強やクラブ活動の後は、大宮の街で楽しもう!!

※『ウェルカムナビ®』は株式会社ヴァル研究所の登録商標です。

千葉キャンパス

JR千葉駅から歩いてたったの3分。勉強も遊びも楽しい思い出づくりはこのキャンパスから始まる!!

※『ウェルカムナビ®』は株式会社ヴァル研究所の登録商標です。

横浜キャンパス

プレイスポットたっぷり、ハイセンスな香り漂う横浜!勉強の後は、遊びやショッピング、美味しいものがいっぱいの横浜の街で楽しもう!!

※『ウェルカムナビ®』は株式会社ヴァル研究所の登録商標です。

名古屋キャンパス

駅前校舎がとっても便利!名古屋駅周辺がリニューアル。もっと楽しく、さらに便利になりました。

※『ウェルカムナビ®』は株式会社ヴァル研究所の登録商標です。

京都キャンパス

京都駅前で通学も楽チン!気持ち良~く勉強できます!グルメにもショッピングにも最高の立地条件、放課後が楽しくなりそう。

※『ウェルカムナビ®』は株式会社ヴァル研究所の登録商標です。

大阪・梅田キャンパス

梅田や大阪駅まで徒歩8分。駅前がリニューアルして、プレイスポットが盛りだくさん!しっかり勉強した後はグルメやショッピング。放課後が楽しくなりそう!

※『ウェルカムナビ®』は株式会社ヴァル研究所の登録商標です。

大阪・天王寺キャンパス

名所旧跡に囲まれた、新しいオシャレなプレイスポットもいっぱい!和歌山、奈良、三重方面からのアクセスもとてもスムーズ!

※『ウェルカムナビ®』は株式会社ヴァル研究所の登録商標です。
▲このページのトップへ

申請用紙ダウンロード

各種申請用紙(PDF)は、こちらからもダウンロードできます。

AO入学エントリーシート
[AO入学制度について]
AO入学エントリーシートダウンロード
特別奨学生試験(志)願書
[特別奨学生試験について]
特別奨学生試験(志)願書ダウンロード
放送大学学費免除制度志願書
[放送大学学費免除制度について]
放送大学学費免除制度志願書ダウンロード
特待生申請書(資格や経歴による特待生/スポーツ特待生)
[資格や経歴による特待生制度について]
[スポーツ特待生制度について]
特待生申請書ダウンロード
学費減免申請書(東日本大震災による学費減免制度)
[東日本大震災による学費減免制度について]
学費減免申請書ダウンロード
学費減免申請書(熊本地震による学費減免制度)
[熊本地震による学費減免制度について]
学費減免申請書ダウンロード
経済的理由による修学支援奨学生制度
[経済的理由による修学支援奨学生制度について]
要項・応募書類の申込みフォーム