過去問出題例

問題

日本国憲法が定める裁判所の権限として最も妥当なものは、次のうちどれか。

  1. 天皇の国事行為に対して助言と承認を与えること。
  2. 法律、命令、規則又は処分が憲法に適合しているかどうかを審査すること。
  3. 弾劾裁判所を設置すること。
  4. 国政に関する調査を行い、証人の出願・証言や記録の提出を求めること。
  5. 条約を締結すること。

正答 2

  1. 内閣の権限である(憲法第3条)。よって誤り。
  2. 正しい。
  3. 国会の権限である(憲法第64条第1項)。よって誤り。
  4. 国会の権限である(憲法第62条)。よって誤り。
  5. 内閣の権限である(憲法第73条第3号)。よって誤り。

A~Dの4人はあるアパートの1号室から4号室にそれぞれ1人ずつ住んでいる。これら4人について次のことがわかっているとき確実にいえるのは、次のうちどれか。

  1. Dは4号室に住んでいない。
  2. 2号室に住んでいる人とCは自転車を持っていないので、バスで通勤している。
  3. 4号室に住んでいる人は最近自転車を買った。
  4. Aは自転車を持っていないので、1号室に住んでいる人から自転車を借りたことがある。
  1. Aは2号室に住んでいる。
  2. Bは1号室に住んでいる。
  3. Cは4号室に住んでいる。
  4. Dはバスで通勤している。
  5. BはAに自転車を貸したことがある。
1号室 2号室 3号室 4号室 自転車
×:エ なし:エ
×:イ なし:イ
×:ア
自転車 あり:エ なし:イ あり:ウ

正答 1

上記の表より、1号室と4号室に住んでいる2人が自転車を持っていることがわかるとともに、AとCの2人が自転車を持っていないことがわかる。つまり2人が自転車を持っていることがわかる(2人が自転車を持っていないこともわかる)。よって、3号室に住んでいる人は自転車を持っていないことがわかり、B、Dは自転車を持っていることがわかる。

自転車 住んでいる部屋 問題文より 確定
なし 2号室又は3号室 2号室
あり 1号室又は4号室 4号室
なし 2号室又は3号室 2号室ではない 3号室
あり 1号室又は4号室 4号室ではない 1号室

よって、正答は1となる。