国立国会図書館職員総合職試験・一般職試験
(大学卒業程度)

職務内容

総合職試験

政策の企画立案に係る高い能力を有するかどうかを重視して行う職員の採用試験

一般職試験(A)

的確な事務処理に係る能力を有するかどうかを重視して行う職員の採用試験

受験資格(平成30年度)

総合職試験

  1. 平成元年4月2日~平成10年4月1日までに生まれた者
  2. 平成10年4月2日以降生まれた者で次に掲げる者
    1. 学校教育法による大学を卒業した者又は試験年度の3月までに卒業する見込みの者
    2. 館長がa.に掲げる者と同等の資格があると認める者

一般職試験

  1. 平成元年4月2日~平成10年4月1日までに生まれた者
  2. 平成10年4月2日以降生まれた者で次に掲げる者
    1. 学校教育法による大学を卒業した者又は試験年度の3月までに卒業する見込みの者
    2. 学校教育法による短期大学若しくは高等専門学校を卒業した者又は試験年度の3月までに卒業する見込みの者       
    3. 館長がa.又はb.に掲げる者と同等の資格があると認める者

試験内容

第一次試験
  • 教養試験(多肢選択式)
第二次試験
  • 専門試験(記述式)※あらかじめ受験者が1科目選択
  • 英語試験(記述式)
  • 小論文試験(総合職のみ)
  • 性格検査
  • 面接(個別面接)
第三次試験
  • 集団討論(総合職のみ)
  • 面接(個別面接)