国家公務員総合職試験(大卒程度試験)

※他に院卒者試験もあり

職務内容

主として政策の企画立案等の高度の知識、技術または経験等を必要とする業務に従事する。
政治・国際、法律、経済、人間科学、工学、数理科学・物理・地球科学、化学・生物・薬学、農業科学・水産、農業農村工学、森林・自然環境、教養の11区分があり、それぞれ職務内容が異なる。

受験資格

  1. 昭和63年4月2日~平成9年4月1日生まれの者
  2. 平成9年4月2日以降生まれの者で次に掲げる者
    1. 大学を卒業した者及び試験年度の3月までに大学を卒業する見込みの者
    2. 人事院がa.に掲げる者と同等の資格があると認める者

試験内容

教養区分以外

第一次試験
  • 基礎能力試験(多肢選択式)40題 180分:知能分野 27題/知識分野 13題
  • 専門試験(多肢選択式)40題 210分
第二次試験
  • 専門試験(記述式):【政治・国際、法律、経済】3題 240分/【その他】2題 210分
  • 政策論文試験 1題 120分
  • 人物試験(個別面接)
  • 性格検査(参考)

教養区分

第一次試験
  • 基礎能力試験(多肢選択式):Ⅰ部(知能分野)24題 120分/Ⅱ部(知識分野)30題 90分
  • 総合論文試験 2題 240分
第二次試験
  • 政策課題討議試験 約120分
  • 企画提案試験(小論文及び口述式):Ⅰ部(小論文)1題 120分/Ⅱ部(プレゼンテーション及び質疑応答)60分
  • 人物試験(個別面接)
  • 性格検査(参考)