自衛官採用試験(高校卒業程度)

一般曹候補生

職務内容

一般曹候補生とは、18歳以上27歳未満の者を対象に、陸上・海上・航空各自衛隊の部隊勤務を通じて、その基幹隊員となる陸・海・空曹自衛官を養成する制度です。
採用後2年9ヵ月経過以降、選考によって3曹に昇任します。なお、3曹に昇任後は、4年で幹部候補生部内選抜試験の受験資格が得られ、これに合格すれば幹部に昇任できます。

受験資格

入隊する年の4月1日現在18歳以上27歳未満の者

試験内容

第一次試験
  • 教養試験(多肢選択式):英語(コミュニケーション英語Ⅰ)15題/国語(国語総合)15題/数学(数学Ⅰ)15題
  • 作文:700字程度の課題 30分
  • 適性検査
第二次試験
  • 口述試験
  • 身体検査

身体基準

男性 女性
身長 155cm以上 150cm以上
胸囲 身長と均衡を保っているもの(合格基準表参照)
肺活量 3,000cc以上 2,400cc以上
視力 両側とも裸眼視力が0.6以上又は裸眼視力が0.1以上で矯正視力が0.8以上あるもの、裸眼視力が0.1未満は屈折度測定により評価する
色覚 色盲又は強度の色弱でないもの
聴力 正常なもの
多数のウ歯又は欠損歯(治療が完了したものを除く。)のないもの
その他 身体健全で感染症、慢性疾患、四肢関節等の異常のないもの等

※合格基準表は当該年度の募集要項参照のこと

自衛官候補生

職務内容

採用の日をもって、陸上・海上・航空自衛隊それぞれの自衛官候補生に任命されます。自衛官候補生として3ヵ月間の教育訓練を修了した後、それぞれ2等陸・海・空士に任用されます。2等陸・海・空士任用後の任用期間は、陸上自衛官が1年9ヵ月(技術関係は2年9ヵ月)、海上・航空自衛官については、2年9ヵ月を1任期として任用されますが、引き続き自衛官として勤務を希望する場合は、選考により2年を任期として継続任用されます。なお、選抜試験に合格すれば、曹さらには幹部に進む道もひらかれています。

受験資格

応募資格:採用予定月の1日現在18歳以上27歳未満の者

試験内容

第一次試験
  • 教養試験(多肢選択式):国語 10題/数学 10題/社会 10題
  • 作文
  • 口述試験
  • 身体検査
  • 適性検査

身体基準

男性 女性
身長 155cm以上 150cm以上
胸囲 身長と均衡を保っているもの(合格基準表参照)
肺活量 3,000cc以上 2,400cc以上
視力 両側とも裸眼視力が0.6以上又は裸眼視力が0.1以上で矯正視力が0.8以上あるもの、両眼の裸眼視力が0.1未満は屈折度測定により評価する。
色覚 色盲または強度の色弱でないもの
聴力 正常なもの
多数のウ歯又は欠損歯(治療が完了したものを除く。)のないもの
その他 身体健全で感染症、慢性疾患、四肢関節等の異常のないもの等

※合格基準表は当該年度の募集要項参照のこと