このブラウザは、JavaScriptが無効になっています。
JavaScriptを有効にしてください。

資格・就職・公務員・情報処理につよい名門学園 学校法人 立志舎グループ BEST COLLEGES

2021年行政書士試験現役合格12名

行政書士を目指す「司法試験コース」は現在東京法律公務員専門学校のみで設置しております。

東京法律公務員専門学校の行政書士試験の合格者は、高校卒業生対象の専門課程の在学生の現役合格者であることが、本学の最大の特色です。なお、ダブルスクール対象の専門課程、社会人対象の専門課程の合格者及び卒業後の合格者、また、単なる講座受講者、通信教育の合格者は含んでおりません。
集合写真

※本人了承済みの方のみ掲載しております。

行政書士試験に早期合格するメリット

行政書士試験は、宅地建物取引士と並ぶ法律系資格の登竜門。独立開業も目指せる国家資格ですから、今後のキャリアアップへの強力な武器となります。

令和3年度の行政書士試験結果(一般財団法人行政書士試験研究センター発表)によれば、合格者の年齢分布で最も多い階層は30歳代と40歳代。20歳代と50歳代がそれに続きます。
行政書士試験は、現在「司法試験コース(4年制)」の正規カリキュラムで2年次までに行政書士を取得することを目標としています。
本学合格者は、19歳~20歳の合格者が多数を占めているのが特徴です。

合格者グラフ

一般財団法人行政書士試験研究センター発表の令和3年度行政書士試験結果より作成

行政書士試験に向けた学習経験が活きる!

司法試験コースの最終目標である司法試験予備試験合格と法科大学院進学においてとても大きなアドバンテージとなります。

試験科目の重複
行政書士試験は、司法試験予備試験や法科大学院入試と重複する科目が多いという特徴があります。
一般的に、法律学の勉強は一巡しただけではなかなか理解が定着しないもの。
なるべく早く全体像に触れることが、その後の効率的な学習の秘訣です。
法科大学院入試での加点
法科大学院入試は、大別して書類選考筆記試験面接試験で構成されます。
ここで意外と点差が開きやすいのが書類選考です。
書類選考では、志望動機や将来の法曹像が問われます。これらを説得的に論じなければならないため、これまでの活動・経歴との整合性が問われます。したがって、2年次までに行政書士試験に合格していれば、将来の司法試験合格に向けて順調に学習が進んでいることの証となるでしょう。
さらに、行政書士などの国家資格ホルダーは、書類選考上加点されるので他の志願者との差別化を図ることもできます。
試験科目行政書士試験司法試験予備試験法科大学院入試
基礎法学
憲法
民法
刑法
民事訴訟法
刑事訴訟法
商法
行政法
その他
  1. 情報通信・個人情報保護
  2. 政治・経済・社会
  3. 文章理解
倒産法/租税法/知的財産法/労働法/環境法/国際私法/国際公法 小論文、面接
〇択一試験のみ ●択一試験+記述式試験 △一部でのみ実施

行政書士とは?

行政書士とは、官公署に提出する書類、遺産分割協議書等の「権利義務に関する書類」、他、実地調査に基づく各種図面類等の「事実証明に関する書面」を作成するのを生業とする仕事です。複雑で難解な法的書類を御客様の依頼を受けて、作成したり、官公署に提出したり、書類作成の相談を受けて依頼を遂行する仕事です。法律の知識を使って、各種企業様をコンサルティングでサポートする等の仕事に携わりたいと希望している方々にとって、大変人気の職種となっています。