このブラウザは、JavaScriptが無効になっています。
JavaScriptを有効にしてください。

資格・就職・公務員・情報処理につよい名門学園 学校法人 立志舎グループ BEST COLLEGES

立志舎が就職に強い理由

厳しい経済環境にも負けない学校!

民間企業就職先実績
(1993年~2018年)

民間企業就職 高校卒業生対象専門課程 卒業生  今年も大企業から最先端企業までほぼ全員が正社員で就職

就職出陣式の風景

民間企業就職率99.39% 上場企業就職率27.94%

景気が低迷し大学生の就職率がどんなに厳しくても、ずっと変わらない好調さを誇るのが立志舎の学生たちの就職。
たくさんの難関資格を取得した自信と実力、そしてゼミ学習で養ったコミュニケーション能力は、企業から高い評価を受けています。厳しい経済環境にも負けないのが、立志舎の就職力です。

驚きの就職実績の詳細はこちら!
▲このページのトップへ

立志舎が就職に強い理由

ゼミ学習、学内イベント、就職セミナー。コミュニケーション能力が自然に高まる毎日が全員の就職力を上げていく。

厳選選考の傾向の強い就職環境の中、本学の学生たちは、就職支援体制の強化により就職戦線を乗り越えました。 また、本学の卒業生を企業は高く評価しています。
それは本学の学生たちには、ゼミ学習とたくさんのイベントを通して自然に養われる高い「コミュニケーション能力」と「前向きな姿勢」があるから。
たくさんの卒業生たちの活躍と実績が、本学の財産になっています。

コミュニケーション能力と前向きな姿勢。
本学の卒業生を企業は高く評価しています。

就職部次長 浅倉 明
就職部 部長 浅倉 明
 企業の採用事情が、年々変化する中、本学は例年と変わらない高い就職実績を保ち続けています。これは、どんな時代であっても高いスキルや能力を持った人材は、変わらず社会で必要とされているということです。

 では、企業や社会が学生に求める能力とは一体何なのでしょうか。私たちはそれを「コミュニケーション能力」と「何事も一生懸命になる素直さ」だと考えています。そして本学ではこれらの能力を普段の学生生活で自然に高められる仕組みを確立しています。

 そのひとつがクラスの中を6~8人のグループに分けて、協力して問題を解く「ゼミ学習」での授業です。グループの中で学生同士が教え合う授業スタイルを通して、自分の意志を相手に伝え、相手の考え方を理解するという学生の能力は毎日磨かれていきます。また本学には、学園祭や総合体育祭などたくさんのイベントがありますが、それらに積極的に参加することでも学生のチームワークやリーダーシップは飛躍的に高まります。現在、就職の場において人事担当者は学生の人柄を重視して採用を行う傾向があります。その際に頻繁に聞かれるのが勉強以外に何に力を入れてきたのかということです。イベントで得たさまざまな経験や人としての広がりは学生の武器となります。また、全力でやり遂げた達成感は社会にでるときの大きな自信になり、一生懸命やったという素直さはそのまま人間的な魅力になるのです。

 就職面接では人事担当者とのやり取りやグループディスカッションの中で、いかに相手の言うことを理解し、自分の意見を伝えられるかが鍵となりますが、これは本学が普段のゼミ学習で行なっていることそのものです。私たちは学生に、就職活動だと身構えることなく、普段自分がやっていることをやればいいのだと伝えています。学生たちには本学の生活で自然に身につけた力があります。それをしっかり発揮できていることが高い就職率を達成できている原動力であり、本学の学生たちが企業に高く評価されているポイントなのです。
▲このページのトップへ

就職と公務員合格のタイムスケジュール

本学では毎年、多くの先輩たちが夢をかなえて社会に羽ばたいています。本学独自の短期合格システムで学力を伸ばすことをはじめ、積極的な求人開拓による活躍フィールドの拡充、公務員説明会や学内就職セミナーによる官公庁や企業の研究、そして面接指導や就職指導によって、実力と自信をつけることができます。公務員試験や就職試験合格の一番の近道はきちんとしたスケジュールに基づいて学ぶことなのです。

▲このページのトップへ

充実の就職イベント!

早くからの意識づけと、きめ細かい指導で、
一人ひとりの「いい就職」をサポート!

就職セミナーの様子

★新入生就職セミナー

社会への十分な認識がないまま企業を選ぶと、実は希望した仕事ができなかった、イメージと違っていたなどの理由から、後で辛い思いをすることになりかねません。本学では、早くから就職への意識を高めることを目的に入学直後に新入生就職セミナーを実施しています。これから取得する資格と仕事との関係や業界研究のポイント、面接の練習などを行います。また、新入社員教育の内容も取り入れています。

▲ 就職スケジュールに戻る

進路決定のためのガイダンスの様子

★進路決定のためのガイダンス(学生・保護者対象)

その年の就職動向を知ってもらうため、就職ガイダンスを開き、社会の流れや企業の人材採用への動きなどを説明しています。また、Uターンを希望する学生を対象に、地元企業の紹介やアドバイスなども行っています。
今年の様子はこちら

▲ 就職スケジュールに戻る

学内就職セミナーの様子

■学内就職セミナー

1年次の1~2月には、企業研究の第1ステップとして学内就職セミナーを行います。三井住友銀行、NHK、JR東日本、JR西日本など1,500社を超える企業を招き、学生にとって、各企業の人事担当者と直接話せる機会となっています。その後ある程度希望する業界を絞った上で、有効な情報収集が行えるよう、担任と面談を行います。
今年の様子はこちら

▲ 就職スケジュールに戻る

保護者のためのガイダンスの様子

★就職ガイダンス(保護者対象)

就職出陣式とあわせて、保護者を対象として「民間就職ガイダンス」「官公庁就職ガイダンス」を開催しています。本学担当者による、就職についての状況説明やアドバイスなど、保護者の方々にも情報を公開する機会としております。また多くの質問にも直接お答えしています。
 

▲ 就職スケジュールに戻る

就職出陣式の様子

★就職出陣式

就職出陣式は、就職活動を控えた学生全員が集い、就職試験・公務員試験の全員現役合格に向けて、気持ちを引き締め合うために開催されます。当日はテレビ局や新聞社など多くの報道陣が集まります。
今年の様子はこちら

▲ 就職スケジュールに戻る

■個人面談

個人面談は、就職指導を進める上で随時行っていきます。就職部では、その際にできるだけ多くの情報を提供していきます。担任教師との面談、希望企業を決めるための就職担当者との面談という流れで進めていますが、それ以外にも必要に応じて随時行います。また、これらと並行して試験対策や面接のアドバイスなど、一人ひとりの“いい就職”をしっかりサポートします。

▲ 就職スケジュールに戻る

公務員説明会の様子

●官公庁説明会

毎年、官公庁の方による説明会を開催しています。各省庁の担当者から直接、業務内容等の説明が受けられますので、実際の試験に向けて目標を明確に持つことができます。
今年の様子はこちら

▲ 就職スケジュールに戻る

●進路変更者へのフォロー
■学内就職セミナー(10月)

公務員試験をめざして勉強しながら、万が一合格出来なかった場合にも、しっかりフォローしています。本学で蓄積してきた就職指導のノウハウと膨大な企業情報に基づいて、民間企業への就職をサポートしています。もちろん、面談にも十分時間をかけて、希望や適性まで配慮した就職指導を最後までしっかり行っています。

▲ 就職スケジュールに戻る

▲このページのトップへ

民間企業内定ゲットの秘訣大公開!

あこがれの企業に就職したい!
でもどうやって先輩は内定したの?
不安はなかった?ヒケツを教えて!
というわけで、先輩たちに聞きました。

奥野 柚郁さん

三井住友銀行

奥野 柚郁さん
大阪府高石高校出身
三井住友銀行に就職
  • 企業や社会を知るために新聞を毎日チェック!
  • 就職活動中は新聞を毎日読むように心がけ、志望する企業の株価も常にチェックするようにしていました。また、説明会にはすべて参加。先生には何度も面接や作文を見ていただきました。就職活動では、自分の思うように進まず、時には落ち込むこともあると思いますが、最後まであきらめずにがんばってください!
森本 健さん

日本赤十字社

森本 健さん
栃木県栃木商業高校出身
日本赤十字社に就職
  • 人をサポートする仕事をしたい
  • 人の役に立ちたい、人をサポートする仕事がしたい。私はそんな思いで就職先を選びました。企業研究にあたっては担任の先生や就職部のスタッフがサポートしてくれたので、事前研究がしっかりできたと思います。ゼミ学習で養ったコミュニケーション能力を活かして仕事をしていきたいと思います。
渡邉 雄也さん

東日本電信電話(NTT東日本)

渡邉 雄也さん
愛知県半田商業高校出身
東日本電信電話に就職
  • 就職部、担任の先生そして友人が強力な味方になりました
  • ゼミ学習でしっかり勉強すれば高度な資格でも取得できる。そう信じて勉強してきたことの積み重ねが、就職にもつながりました。私は就職部の情報を上手に活用できたことがとても有利に働いたと思います。同じ目標を持った仲間たちとがんばることができ、何でも相談できる先生に出会えた学園生活は、何物にも代えがたい思い出です。
秋山 壮さん

東海旅客鉄道(JR東海)

秋山 壮さん
滋賀県大津商業高校出身
東海旅客鉄道に就職
  • 情報や気づきをメモして面接の武器にしよう
  • 就職活動を通して、私が最も大切だと感じたのは情報収集です。わからないことなどを自分で調べることはもちろん大事ですが、先生や友人と話している中で、「いいな」と思ったことや気づいたことなどをしっかりメモをしておくと、それが面接試験において大きな武器になることを実感しました。
迎山 七海さん

東洋紡

迎山 七海さん
奈良県平城高校出身
東洋紡に就職
  • 自己分析と企業研究、そして自分らしく!
  • 自分をアピールするためには、自分を知ることが大切だと思い、自己分析に力を入れました。面接の前には必ず企業研究も行い、ホームページや資料を端から端まで読み込みました。面接は“会話”として捉え、丸暗記したことではなく、自分の言葉で話すことが大切。緊張しすぎず、肩の力を抜いて、自分らしくがんばってください!
長谷川 礼佳さん

明治

長谷川 礼佳さん
埼玉県大妻嵐山高校出身
明治に就職
  • 普段から言葉遣いに気をつけました
  • 就職活動では面接がとても大切です。人間はふとしたところで「いつものクセ」が出てしまうものなので普段から言葉遣いに気をつけることが大切だと実感しました。先生や友人に協力してもらいながら、いつも笑顔でハキハキ応えることを意識して繰り返したことが、自信にもつながり実力を発揮できたと思います。
池原 彩香さん

サマンサタバサジャパンリミテッド

池原 彩香さん
千葉県東葉高校出身
サマンサタバサジャパンリミテッドに就職
  • 企業研究では、実際に足を運ぶことも大切です
  • インターネットでも企業研究はできますが、実際に企業や店舗に足を運ぶことも大切です。例えば、一つのブランドでも多くの店舗で商品展開を行っています。私は放課後や休日を利用し、店舗ごとの内装やディスプレイの違いなどを見たり、他の企業と比較したりすることで、面接でも内容の濃い話をすることができました。