このブラウザは、JavaScriptが無効になっています。
JavaScriptを有効にしてください。

資格・就職・公務員・情報処理につよい名門学園 学校法人 立志舎グループ BEST COLLEGES

ゼミ学習

ゼミ学習があなたの実力を伸ばす!

卒業後、実社会で活躍できるのか?
その秘密は、ユニークなゼミ学習システムにあります

ゼミ学習の効果

楽しく学んで学力がつき、コミュニケーション能力、表現力、問題解決能力もつくゼミ学習の効果

  •  一方通行の講義制と違い、先生に質問しやすい
  •  明るく楽しく学べる
  •  勉強嫌いが勉強好きになることも…
  •  友人ができる
  •  講義を聴くだけでなく、友達と話すことにより学べる
  •  リーダーシップ能力や社会性、協調性が身につく
  •  ゼミ学習は表現力がつき、面接など就職に有利
  •  楽しく学べば、時間がたつのが早い
  •  思いやりや、やさしさが身につく
  •  学んで教え合うことにより力がつき、資格試験などに合格しやすい
  •  ゼミ学習だと、眠くならない
  •  キャンパス行事も盛りあがる。
企業が採用で一番重視するのはコミュニケーション能力です


教務副本部長
近 藤 誠 一

楽しく学んで効果抜群-ゼミ学習の成果

 本学園のすばらしい資格取得実績、民間企業就職実績、公務員合格実績は、ゼミ学習によるところが非常に大きいと思われます。ゼミ学習は、先生の講義をただ聞くだけではなく、友達と話し合うことにより、授業内容の理解を深める学習システムです。
 友達と話し合いながら勉強しますので、楽しく学ぶことができ、学力も付き、友達も作ることができます。さらに、社会に出てから必要とされる社会性や協調性、表現力、コミュニケーション能力、問題解決能力も同時に身に付きます。
ゼミ学習で学び、社会から高く評価されているたくさんの先輩のあとに続いて、大いに活躍してほしいと思います。

ゼミ学習の様子が見られる学校見学会に参加しよう!
▲このページのトップへ

ゼミ学習の声

  • 遠藤 涼香さん

    遠藤 涼香さん

    夢を叶える充実した環境に恵まれました

    公認会計士(論文式) 現役合格
    埼玉県上尾高校出身

    高校生の頃からの夢であった会計士試験に合格することができ、本当に嬉しく思います。ゼミ学習を通し仲間と協力し支えあい、競いあえたからこそ合格できたのだと感じます。また、勉強だけではなく、学校行事も盛んで、ブラスバンド部として行事にも参加し、リフレッシュをすることができたのも、合格する上で必要なことなのだと実感しました。

  • 畑中 雅晴さん

    畑中 雅晴さん

    ゼミ学習でたくさんの仲間と切磋琢磨

    三菱重工業株式会社
    三重県四日市商業高校出身

    ゼミ学習で席替えをするたびに、クラス全員が仲間になり、資格取得や台湾の添乗実習に楽しく取り組めました。また、学校に仲間がたくさんいると、毎日無遅刻・無欠席・無早退で学校に通うのも意外と簡単でした。まじめに学校生活を過ごすことが、就職活動での一番のアピールポイントだったと思います。クラスだけでなく野球部でも自分の役割をしっかり意識して頑張りました。ゼミ学習で自分の役割を考えて学んだことが生きました。

▲このページのトップへ

ゼミ学習が教えてくれたこと

勉強がこんなに楽しいものだとは思わなかった。
共に学ぶ「友だち」が「親友」になった。
ゼミ学習は、学力だけでなく人間的にも、私を大きくしてくれました。

自教えられる側も、教える側も理解を深められる

伊藤 菜々子さん
ビジネス学科
秋田県湯沢翔北高校出身

伊藤 菜々子さん

 資格取得に向けた勉強をしていると、解説を読むだけでは理解できなかったり、間違った原因を自分一人で探していると時間がかかってなかなか次へ進むことができないことがあります。でも、ゼミ学習を活用することによって、友人と協力してお互いの理解を深めあいながら問題を解決できます。また机を向かい合わせ、1つのグループになっているので、いつでも気軽に質問できる環境があります。これによって、周囲とのコミュニケーション能力も自然と身に付くようになりました。 そして、ゼミ学習は、自分が教える立場になった時、うまく教えることができなければ自分の理解が不足していることも実感できるので自身の成長にもつながります。毎日繰り返し過去問題を解き、分からなかったところは友達に聞いて復習するというゼミ学習で、半年で国内旅行業務取扱管理者という国家試験に合格することができました。これから迎える就職試験に向けても、クラスの仲間と刺激しあいながら努力していきたいと思います。

ゼミ学習は、時間を忘れて楽しく勉強できる

大野木 一輝さん
 
法律ビジネス学科
大阪府東淀川高校出身

大野木 一輝さん

ゼミ学習の良いところは、教えることにより自分の理解を深めることができるところです。そして一つの問題をさまざまな角度から見ることができます。また、コミュニケーションをとることが苦手だった私でも、ゼミ学習によりすぐにたくさんの友達を作ることができました。苦手な教科もみんなと教えあい学びあいながら取り組むと楽しくできます。同じ目標を持つ仲間と共に過ごすことで、より高い意識を持ち日々の勉強やトレーニングに打ち込むことができます。この学校に入学し、クラスの仲間に出会い、私の人生は大きく変わりました。夢を実現できるよう頑張りたいと思います。

学びあうことで同じ目標をもつ仲間との絆がより深まります

五十苅 海飛さん
 
鉄道・交通コース
埼玉県山村学園高校出身

五十苅 海飛さん

私は、鉄道会社への就職という自分の夢を叶えるためにここへ入学しまた。クラスメイトは全員が同じ目標をもっているので、打ち解けるまでそれほど時間はかかりませんでした。ゼミ学習では、わからない問題があると同じグループの仲間に質問し、わかる人が解き方を解説します。質問した人はそれを聞いて理解し、教えた人はさらに理解を深めることができる。お互いにメリットのある勉強法だと思います。発言しやすい雰囲気なので、声をかけづらいということもありません。また、メンバーは入れ替えがあるので、クラスメイト全員と交流を深めることができました。勉強を通じて仲間のことを知ることができる、というのもゼミ学習のおもしろさだと思います。

「わからない」をそのままにせず、教えあうことで、意欲的に学びに向きあえます

池戸 咲稀さん
 
ペットグルーミングコース
岐阜県土岐商業高校出身

池戸 咲稀さん

それまで「わからないこと」をそのまま流すことが多かったのが、ゼミ学習を始めてから無くなりました。私は自分が教えるよりも、聞くことの方が多め。でも、真っ先に聞く相手が友だちなので、先生よりも気軽に聞けます。また、法律など少し難しい分野を勉強するときも、一人だけでの学習では難しい専門用語が出てきただけで挫折しがちですが、友だちと一緒に考えながら学ぶと、そういったこともありません。卒業までにたくさんの資格を取ることが目標です。ゼミ学習があるので、検定試験対策も最後まで頑張れると思います。

▲このページのトップへ

ゼミ学習の流れ

  • STEP1 先生の講義

    クラスの中を6~8人のグループに分けて学びます。
    まず最初に、先生からポイント講義が行われます。

  • STEP2 先生の例題解説

    先生から出題された例題を各自で解き、そのあと、解説が行われます。ここまでは、小学校・中学校・高校と経験してきた勉強と同じ方法ですね。

  • STEP3 みんなでディスカッション&演習

    先生から出題された演習問題をグループ内でディスカッションします。話しあったり説明しあうことで、一番よい方法をみんなで導き出していきます。また、人に説明するには、その事柄をしっかり理解している必要があります。言葉に出して説明することで、その理解が定着するというわけです。これらは将来、入社試験などの面接で、自分をアピールする際に役立ちます。

  • STEP4 先生の補足・まとめ

    一方的に教えられる授業と違い、ゼミ学習は教室に「学ぶ意欲」と「楽しさ」をもたらします。議論が混乱したり誤った方向へ進まないよう、先生は方向性と雰囲気づくりに力を入れ、わからないときはしっかり解説します。学生は自分たちの導き出した結論を確かめながら前進するので、学ぶ意欲がわいてくるのです。理解できる充実感を感じながら学習するスタイルです。

  • STEP5 みんなでディスカッション&理解

    「先生に質問するのは苦手」という人も、ゼミ学習なら隣も向かいの席も、まわりはみんなクラスメイトで気軽に質問できます。ゼミ学習を通じて親友に出会えたという人もたくさんいます。またゼミ学習の長所は、友だちの発言をしっかり聞くことで協調性や理解力が身につくこと。将来社会に出たとき、きっと役に立ちます。

  • STEP6 みんなで合格

    ゼミ学習によって、学生たちは成長の手応えを感じ取り、さらに学ぶ意欲がわいてきます。毎日の楽しい刺激が知的好奇心を呼び起こし、それが次の授業につながって、成長の大きなサイクルを描きます。またゼミ学習で「ものの考え方」が身につき、国家試験や検定試験の難しい問題などの解決方法がわかるようになります。「自信」と「実力」、この2つを自然と体得できるのがゼミ学習なのです。

ゼミ学習の様子が見られる学校見学会に参加しよう!
▲このページのトップへ

ゼミ学習Q&A

ゼミ学習については、オープンキャンパスなどに参加して担当の先生、在学生から実際の話を聞き、自分の目で確かめることが大事ですが、皆さんから寄せられた質問をまとめてみました。ご覧下さい。

できる学生にとっては、ゼミ学習はわずらわしい学習方法であって、講義を聞いて、自分で勉強したほうが、力がつくのではないでしょうか。
「学びて時に之(これ)を習う亦(また)説(よろこ)ばしからずや」(学習院の名前の由来であり、熊本の藩校時習館の名前の由来)[訳:学んだことを折りにふれて復習するということは、学んだことをいっそう深めることになる。]は論語(孔子)の教えですが、その上に教え合うことによって、さらに力がつくのがゼミ学習です。 ただ講義を聴き、家に帰って予習、復習するというだけでは、人間の考察力、思考力には限界があります。できる学生は教えることによって、理解しているつもりが、理解していなかったことに気づくことがあります。また教えるということは、中途半端に理解しているだけでは、相手に伝えることはできません。質問に的確に答えるということは、単に理解している以上に実力を要します。それに着目してゼミ学習は成り立っています。できる学生は一段と学力がつき、そして協調性、社会性も身につきます。 ゼミ学習スタイルは、できる学生もそうでない学生も一段と学力がつき、また社会性、協調性という社会人として必要な人間性を身につけることができるシステムです。
ゼミ学習は、授業と関係のないおしゃべりになってしまって、勉強にならないのではないですか。また、ゼミ学習は欧米のゼミ授業や大学のゼミとは異なるのですか。
ゼミ学習は、楽しく学べると言われますが、楽しいだけでは、学力はつきません。ゼミ学習が、授業とは関係ないおしゃべりにならないように、本学では学生の学習意欲を高め、ゼミ学習を効果的に進められるリーダーシップのある信頼できる先生が担任になります。欧米のゼミ授業の模倣、また大学のゼミとは異なり、本学のゼミ学習は、単に大学のゼミのような研究発表とは違い、国家試験や資格試験等に合格するための実践的な学習方法として考案されたものです。具体的には先生の講義⇒みんなで演習⇒先生の説明⇒理解の形式で行います。開学以来導入した本学独自のゼミ学習システムですので、ご安心ください。
私は無口であんまり人と話をするのが得意ではありません。ゼミ学習は人と話をしたり、教え合いながら、進める勉強方法とお聞きしましたが、私でもゼミ学習でやっていけるのでしょうか。
大丈夫です。本学に入学してくる学生の皆さんが最初から話好きで、人と接するのが得意な人ばかりではありません。普段無口で人と接することが苦手な人こそ、ゼミ学習を通して、友人をつくり、話す力、聞く力を養い、コミュニケーション能力を身につけてください。ゼミ学習に取り組めば自然に身につきますので、安心してゼミ学習でがんばりましょう。
今、コミュニケーション能力は、社会に出るにあたって最も重要な能力とも言われています。
ゼミ学習は、グループで勉強するスタイルと聞きましたが、そのグループ分けは、どのように決められるのですか。勉強ができる人だけを集めたりする習熟度別ではないのですか。
ゼミ学習のグループ分けは、担任の先生がクラスの状況を見ながら、成績や習熟度に関係なく、色々な学生が仲良くなれるように配慮して均等に決めていきます。わからない時は、気軽に友達に聞くことができ、できる人は、教えることで更に理解が深まるのがゼミ学習です。グループ分けも1ヶ月から2ヶ月くらいで変えていきますので、自然に色々な人と友人になることができます。ゼミ学習でクラス全体が仲良くなるので、学校行事の球技大会や体育祭、学園祭も盛り上がります。たくさんの友人を作ってみんなで目標に向かってがんばりましょう。