このブラウザは、JavaScriptが無効になっています。
JavaScriptを有効にしてください。

資格・就職・公務員・情報処理につよい名門学園 学校法人 立志舎グループ BEST COLLEGES

仙台からのメッセージ!兄弟・姉妹で立志舎を卒業しました

本学には兄弟、姉妹で入学して夢を叶えた学生が多くいます。ここでは、仙台校の代表の方たちのメッセージを紹介します。

  • 小塚 健也くん

    小塚 健也くん

    兄は東京メトロ、私は日本郵便に就職しました。

    岩手県前沢高校出身 平成26年入学 日本郵便勤務
    [兄:岩手県水沢工業高校出身 平成21年入学 東京地下鉄勤務]

    兄はこの学校で学び、東京メトロに就職し充実した日々を送っています。私がこの学校に入学を決めたのは兄の勧めがあったからです。この学校ではゼミ学習を行っており、友人とお互いに教えあう事でよい学習を行うことができました。行事や部活動、検定取得などの様々な面が充実していました。本当にこの学校に入学してよかったです。

  • 本多 恭子さん

    本多 恭子さん

    兄妹ともに山形県職員になることができました。

    山形県酒田西高校出身 平成26年入学 山形県勤務
    [兄:山形県酒田南高校出身 平成24年入学 山形県勤務]

    私が高校生の時に、兄がこの学校に入学し、公務員を目指すことになりました。兄は普段から勉強をする人ではなかったため、長期休みなどで勉強している姿を見てとても驚いたのを覚えています。そして、私も兄と同じこの学校へ入学することを決めました。先生やクラスメイトはよい人たちばかりでとても充実した2年間を過ごすことができました。その結果、目指していた山形県職員になることができました。

  • 清水 麻貴さん

    清水 麻貴さん

    姉は衆議院、私は白石市に就職することができました。

    福島県福島商業高校出身 平成26年入学 白石市勤務
    [姉:福島県福島南高校出身 平成19年入学 衆議院勤務]

    私は、姉がこの学校に通っていた際に、アルバイトに部活、勉強を両立させて、学校生活を楽しんでいた姿を見て、私も入学することを決めました。入学してからは、ゼミ学習で友人と勉強を教えあい、放課後は友人と遊んだり、アルバイトをしたりと、たくさん遊び、たくさん学んだ2年間でした。私も姉もたくさんの内定をいただき、その中でどこに就職するか迷いました。就職先の情報もたくさんあるのがこの学校の強いところだと思いました。皆さん、自分の夢に向かって頑張ってください。

  • 佐々木 大輔くん

    佐々木 大輔くん

    兄は一関消防、私はエイチ・アイ・エスに就職することができました

    岩手県一関第二高校出身 平成25年入学 エイチ・アイ・エス勤務
    [兄:岩手県一関第二高校 平成22年入学 一関消防勤務]

    私の兄から、就職の実績が高く、学校行事がたくさんあり充実した学校生活を過ごすことができると勧められて入学を決意しました。また、ゼミ学習も入学を決めた理由の一つです。ゼミ学習の特徴は、わからない問題があった時に、グループ内の仲間たちと話し合うことで正解を導くことができる点です。そして、自然と話す力も身に付くので、友達ともすぐ仲良くなれます。このゼミ学習のおかげで総合旅行業務取扱管理者と国内旅行業務取扱管理者という2つの国家資格を取得し、念願の旅行業界に就職することができました。

  • 木村 麻衣子さん

    木村 麻衣子さん

    弟は地元の弘前市消防、私は青森県職員として働いています

    青森県大鰐高校出身 平成23年入学 青森県勤務
    [弟:青森県弘前東高校出身 平成21年入学 弘前地区消防事務組合(消防)勤務]

    弟がこの学校を卒業し、地元の消防で働くことになるのを知り、当時社会人として働いていた私は、将来に不安を感じていたこともあり、これが最後のチャンスと思い退職し、入学を決意しました。大学卒業程度の公務員試験の勉強は大変な部分もありましたが、同じ目標を掲げた友人たちとのゼミ学習やチアリーディング部での活動、キャンパスライフの充実により、人生で最も充実した2年間を過ごすことができました。

  • 菅原 健太くん

    菅原 健太くん

    兄弟ともに消防官になることができました

    岩手県一関工業高校出身 平成24年入学 一関市消防本部勤務
    [兄:岩手県一関第二高校出身 平成23年入学 東京消防庁勤務]

    幼い頃から兄弟ともに消防官になりたいという夢を持っていました。兄が東京法律仙台校に入り、東京消防庁の消防官になったのを見て、迷わず私もこの学校への入学を決めました。兄から聞いていたとおり、ゼミ学習では同じ目標を持った仲間と刺激しあいながら、自分を高めていくことができました。その結果、私も消防官になるという目標を達成できてとてもうれしいです。これからは、オレンジ色のユニフォームを着て救助隊として活躍できるよう努力していきます。

  • 齋藤 紗亜弥さん

    齋藤 紗亜弥さん

    姉は大阪府警、私は仙台市職員として働いています

    山形県寒河江高校出身 平成23年入学 仙台市勤務
    [姉:山形県谷地高校出身 平成21年入学 大阪府警察本部勤務]

    この学校に入学を決めた理由は、姉が目標としていた警察官に合格できたこと、中高と文化部に所属していた私でも、警察官になれると思えるカリキュラム内容と高い実績があったからです。実際に体力試験もクリアし、埼玉県警察官Ⅱ類の最終合格を頂くことができました。最終的には、学内で実施された官公庁説明会で一番興味を持った仙台市職員に進むことにしました。職種の選択肢が多いのもこの学校の魅力の一つです。

  •  
  • 藤本 弘規くん

    藤本 弘規くん

    兄は警視庁警察官、私は地元の大崎市消防で働いています

    宮城県古川高校出身 平成23年入学 大崎市消防本部勤務
    [兄:宮城県小牛田農林高校出身 平成21年入学 警視庁勤務]

    兄は高校まで続けていた剣道を活かせる仕事として警察官を目指し、この学校で夢を叶えました。私自身、高校3年次の7月位から公務員の受験対策を始めましたが、スタートが遅かったこともあり、全て不合格という結果でした。それでも消防官を諦めたくない気持ちや、再チャレンジを家族が後押ししてくれたこともあり、この学校への入学を決め、第一希望の消防に合格することができました。

  •  
  • 髙橋 貴明くん

    髙橋 貴明くん

    姉弟で東京メトロに就職!

    福島県平工業高校出身 平成24年入学 東京地下鉄勤務
    [姉:福島県平商業高校出身 平成21年入学 東京地下鉄勤務]

    姉が東京メトロで働いており、仕事の魅力を聞いているうちに、私も働いてみたいと思うようになりました。高校時代に挑戦したのですが、残念な結果となってしまい、姉が通っていた学校に興味を持ちました。鉄道業界への就職者が多く、他の学校にはないゼミ学習も魅力でした。入学してからは、将来に活かせる経験をしたいと思い、学科で行っている「はとバス添乗員実習」にチャレンジしました。多くのお客様への案内業務や旅程管理など責任ある仕事をこなすことで自信がつき、学校生活でもクラスの仲間と協力し合うことで夢を叶えることができました。姉とともに東京を地下から支えていきます。