このブラウザは、JavaScriptが無効になっています。
JavaScriptを有効にしてください。

資格・就職・公務員・情報処理につよい名門学園 学校法人 立志舎グループ BEST COLLEGES

立志舎の学生を対象に三井住友銀行のインターンシップが行われました

インターンシップ風景

2014年10月23日(木)、24日(金)に本学学生を対象に三井住友銀行のインターンシップが行われました。インターンシップとは学生が企業で研修生として講習を受けたり、働いたりすることで自分の将来に関連のある就業体験を行う制度です。
銀行業務の基礎知識や金融商品、住宅ローン、コンプライアンスなどについて説明を受けました。また、先輩の就職体験談なども聞くこともできました。このインターンシップは、学生たちが将来について真剣に考える良い機会となりました。

インターンシップ風景 インターンシップ風景 インターンシップ風景 インターンシップ風景 インターンシップ風景 インターンシップ風景
  • 駒井 大輝くん

    駒井 大輝くん

    東京都立桐ヶ丘高等学校出身

    このインターシップを通じて、社会全般に通じるマナーについて学びました

     私は、このインターンシップを通じて、普段学校で学ぶことのできない就職活動に対する心構え、社会全般に通じるマナーについて学ぶことができました。
    特に印象的だったのは二つに共通する挨拶に関することでした。私は日々の学校生活の中で、先生や友人に出来るだけ、挨拶をしてきました。それでは、不十分なことを感じ、今まで以上に積極的に挨拶をしていこうと思いました。そして、自分が就職して活躍するために、今何が私にとって必要なのかを少し理解することができました。
    このインターンシップの経験をこれからの就職活動に活かしていきたいと思います

  • ヨマーシャ ヤーパーさん

    ヨマーシャ ヤーパーさん

    スリランカ出身
    長野平青学園出身

    社会人になるにあたって「あいさつ」の大切さを学びました

     日本の企業に就職して働くというのはどういうことなのかを学ぶために、このインターンシップに参加しました。今までアルバイトしか経験がない私にとっては、とても勉強になる内容でした。
    特に印象に残ったのは「あいさつ」の大切さです。社員の方々のあいさつや私達への接し方は、親しみと安心感を与えてくれるものでした。あいさつは人に第一印象を与え、その後のコミュニケーションへとつながる重要な第一歩だと聞きました。私の行っている接客業のアルバイトは3~4時間の仕事なので、お客様に対して笑顔であいさつができますが、社会人は朝から夜までの長時間ずっとお客様や社員の方に笑顔であいさつをするので、これは大変なことなのだなと感じました。
    このインターンシップではとても貴重な体験ができたので、これから日本で就職・仕事を行っていく上で「笑顔であいさつ」を心がけていきたいと思います。